西日本で最も狭い京都府向日市の起死回生の秘策!? 失敗を乗り越えて誕生した「激辛商店街」とは?

激辛ラーメン、激辛カレー、激辛スナック、……いつの頃からか、私たちの食生活の中で身近な存在となっていた激辛食品。コンビニに行けば、激辛系の新商品を見かけない日はないというくらい、「辛味」は私たちにとってなくてはならない味覚になりました。 約10…

シラフでも高揚感が味わえる! 新感覚ノンアルバーの魅力とは?

「若者のアルコール離れ」が進む近年、飲めるけど、あえて飲まないことを選択するライフスタイル「ソーバーキュリアス(Sober Curious)」が欧米発のムーブメントとして注目され、お酒が飲める人も飲めない人も価値観が変わり始めています。 そんな時代背景…

おなじみタヌキと銭湯娘⑮/おなじみ商店街、無人販売を始めます。

おなじみ商店街(旧・なじみの商店街)で昔から愛される銭湯「億万乃湯」。億万乃湯を舞台に繰り広げられる、ゆるっと楽しめて、ちょっとだけ世の中の話題を知ることができるハートフル漫画15回目。過去の記事は下記からご覧ください。 <前回の話はコチラ>…

年間人気記事トップ5を紹介!

2021年4月に「おなじみ」がローンチしてから1年が経ちました。読者の方に最も読まれた記事は?年間人気記事のトップ5を紹介します! 【第1位】売上1,000億円目前でなぜ!? 『かつや』元社長・臼井健一郎さんがゼロから出発する理由 とんかつ・カツ丼専門店「…

イナダシュンスケさんはコロナ禍で「エリックサウス」をどう運営していったのか

飲食店の店主に、コロナ禍でのお店づくりをお聞きする新シリーズ『コロナ禍でのコミュニケーション』。お店の売上が1/10までに落ち込むなど大きな痛手を受けながらも、運営方針の切り替えや柔軟な発想で乗り切ろうと現在も奮闘中される南インド料理専門店「…

集客効果を高める店舗づくりを風水的にチェック!都内そば店の改善ポイント

お店の商売繁盛のため、風水・運勢プランニングを行う株式会社エガオールの土本晶子さんが、店舗を風水的な観点からチェックする本企画。今回は東京の曙橋駅から徒歩約1分の「蕎麦食堂 梵(ぼん)」を訪ねました。2019年8月にオープンした同店のオーナー・…

【例文あり】再来店に効果がある「DM」の送り方 | ポイントは配信方法とクーポン

飲食店に足を運んでもらうきっかけとなるDMには、チラシやハガキ、メール、SNSやLINE公式アカウントなど、さまざまな配信方法があります。効果を得るための配信内容や配信方法、効果的なクーポンの付け方などについて、実際の成功事例を交えて紹介します。

【商売偉人伝】奴隷に総理大臣に七転び八起き! ポジティブすぎる高橋是清に学ぶ

留学先のアメリカでは奴隷として売り飛ばされたり、放蕩の果てに職を失ったり、さらには鉱山経営に失敗して破産……。しかし、どんな苦境に陥っても悲観せず、七転び八起きで必ず復活したのが高橋是清です。 日銀総裁、大蔵大臣(現在の財務大臣)、そして首相…

最近「常連客が来なくなったな」と感じたら。3つの改善策と良い関係性のつくり方

飲食店にとって重要な「常連客」ですが、さまざまな理由でお店に来なくなってしまうこともあります。定期的に足を運んでくれていた常連客が来店しなくなる理由と、お店に再来店してもらうためにできることを紹介。また、常連客が離れていくのを防ぐため、お…

レトロ家具の引き取り・販売業「村田商會」が見据える「純喫茶」経営の行く末

閉店する喫茶店のレトロな家具を引き取って販売する「村田商會」の村田龍一さん。2015年に始めた通販サイトで地道にファンを増やし、2018年には著書『喫茶店の椅子とテーブル 〜村田商會がつないだこと〜』(実業之日本社)を刊行、同年末には東京・西荻窪に…

数回行った寿司屋で「いつもの!」が通じるか試してみたら、お店側も有効活用していた話

常連客がお店の人に言う「いつもの!」は、どれくらい通えば伝わるようになるんだろう? まだ数回しか行っていない、地域で愛されているお寿司屋を訪れ、実際に「いつもの!」と言ってみました。すると、店主も「いつもの」を有効活用していたことが分かりま…

ボードゲームは社会の縮図! 元人気ゲーム開発者が「すごろくや」で描く未来

国内最大級のボードゲーム販売店「すごろくや」では、オリジナルゲームの開発や海外製ゲームのローカライズ、小売店への卸、書籍出版、イベントやワークショップの企画運営など、販売以外にも、ボードゲームにまつわるさまざまな事業を手掛けています。 店舗…

漫画家・小林銅蟲さんの「通いたくなるお店」は、ロジカルにおいしさを追求するお店

『めしにしましょう』『ねぎ姉さん』といった作品で知られる漫画家・小林銅蟲さん。ブログ「パル」でも豪快かつ強烈な料理を披露しています。そんな銅蟲先生の「通いたくなるお店」とは。3つの「おなじみ」なお店から紐解いていきます。

厨房からお客さんはどう見えている? 地域で愛されるラーメン店で、実際に立ってみた

お店の厨房からは、客席の様子がどんなふうに見えているんだろう? 地域で人気のラーメン店を訪れ、実際に厨房に立ってみました。普段から厨房に立っている店主にもお話をうかがい、普段から見ている客席の景色、厨房の見えるお店でお客さんがどこを見ると面…

売上1,000億円目前でなぜ!? 『かつや』元社長・臼井健一郎さんがゼロから出発する理由

臼井健一郎さんはとんかつ・カツ丼専門店「かつや」をはじめ、複数の外食チェーンブランドを展開するアークランドサービスホールディングス株式会社の社長として、グループ売上1,000億円を見据えるまでに成長させながら、2021年に同社からの退任・独立を決断…

おなじみタヌキと銭湯娘⑭/振興組合、解散!

なじみの商店街で昔から愛される銭湯「億万乃湯」。億万乃湯を舞台に繰り広げられる、ゆるっと楽しめて、ちょっとだけ世の中の話題を知ることができるハートフル漫画14回目。過去の記事は下記からご覧ください。 <前回の話はコチラ> なじみの商店街で宝飾…

食べログ著名レビュアー・斉藤アリスさんが語る「再訪の分かれ道」

食べログの「グルメ著名人」として知られ、カフェや喫茶店をめぐってレビューにまとめているモデルの斉藤アリスさん。2017年に『斉藤アリスのときめきカフェめぐり』(枻出版社)を刊行し、雑誌『Hanako』(マガジンハウス)の公式サイト『Hanako.tokyo』で…

愛用したランドセルをミニチュアリメイクする「梅田皮革工芸」のエモい職人仕事

6年間、子どもの成長と共にあるランドセルには、日々の思い出が刻まれている。卒業後、役目を終えたからと簡単に処分するにはどこか忍びないものの、かといって保管するには場所を取る。そんな思いに応えているのが、ランドセルのミニチュアリメイクだ。 「…

飲食店の業務を効率化させる「DX」とは|DXできる業務や成功事例を紹介

飲食店の業務をDX化すると、業務の効率化や売上アップにつながります。DX化できる業務、成功事例を紹介します。

三崎「くろば亭」のマグロばか三世代記――キャラ濃い店主図鑑

昭和期、遠洋漁業の寄港地として栄えた神奈川県三浦半島の三崎港。「三崎といえばマグロ」といわれるように、全国でも有数の水揚げ量を誇ります。 そんな町に「地魚と鮪無国籍料理200種」を掲げる料理店「くろば亭」があります。山田芳央(よしお)さんを筆…

「東京餃子通信」編集長・塚田亮一さんが「餃子処 三日月」に15年以上通う理由

餃子の魅力を日々発信する餃子専門サイト「東京餃子通信」編集長の塚田亮一さん。これまでに3,000種類以上の餃子を食べており、TBS「マツコの知らない世界」など多くのメディアにも出演しています。塚田さんが15年以上通っているという「餃子処 三日月」さん…

飲食店のリピーターを増やすには「接客」が鍵|改善のためのテクニック5つ

接客は、リピーターを増やすための重要な要素の一つです。本記事では、常連客を定着させるため、接客で役立つ5つのテクニックを紹介します。また、リピーター獲得のためには、お客さんにお店のことを頻繁に思い出してもらう必要があります。メルマガやDM、LI…

動物界の高麗人参⁉︎ 日本初の“鳩肉専門店”が鳩肉普及を目指すワケ

鳩肉といえばフランス料理の食材として知られていますが、高級なイメージがあり、とくに日本ではなじみのある食材とはいえません。 そんな稀有な食材である「鳩肉」のおいしさや歴史・文化に触れ、新たな日本の食文化の一つとして広めようと奮闘しているのが…

「茶割」オーナー・多治見智高さんの「通いたくなる店」と店づくりのポイント

学芸大学や目黒にお店を構える「茶割」。各100種のお茶割りと唐揚げを楽しめるお店で、若い世代から支持を得ています。今回は、茶割オーナー・多治見智高さんの「通いたくなるお店」や、お店のコンセプト作り、ターゲット層へのアピール方法を伺いました。

【商売偉人伝】信頼と真心が国境紛争を解決⁉ 高田屋嘉兵衛の生き方に学ぶ!

江戸時代後期、海運業者として活躍するだけにとどまらず、日本とロシアの間に起こった国際紛争を、平和的な手段で解決へと導くことに力を尽くしたのが高田屋嘉兵衛です。人と人との信頼関係を第一に考え、誰に対しても公正・公平な姿勢を貫くことで、最終的…

【人気店の例あり】飲食店にコンセプトが必要な理由とつくり方3ステップ

飲食店経営の基礎といえるコンセプト。お店の強みや特徴を生かせるコンセプトは、どのように決めれば良いのでしょうか。ここでは、飲食店経営におけるコンセプトのつくり方と決め方を、3つのステップで解説します。自店のコンセプトを設定するときにダウンロ…

飲食店がリピーターを増やす方法5選|お客さんが来なくなる理由とは?

飲食店の売上を安定させるためにリピーターの存在は欠かせませんが、リピート率に課題を感じている飲食店経営者の方も多いのではないでしょうか。ここでは飲食店のリピーターを増やすために重要なポイントと、再来店を増やす方法についてご紹介します。

リリーフの切り札からうどん職人へ。元巨人軍・條辺剛さんのセカンドライフ

華やかなスポーツの世界で活躍していた選手が引退後、第二の人生の舞台に飲食店を選択することは少なくない。どういった経緯で飲食店の世界に飛び込んだのか、そこに見える人生観に切り込んでいく「セカンドライフ」。 第1回目は、元読売ジャイアンツの剛腕…

パフェ評論家・斧屋さんは、なぜカフェ クーポラ・メジロに通うのか

パフェ評論家・斧屋さんが足繁く通う「CAFE CUPOLA mejiro(カフェ クーポラ・メジロ)」。今回はオーナーの山口英人さんにも登場いただき、どのようにして関係を深めたのか、「お店と常連客のなれそめ話」を伺いました。

おなじみタヌキと銭湯娘⑬/ひな人形の思い出って、みんなそれぞれ。

なじみの商店街で昔から愛される銭湯「億万乃湯」。億万乃湯を舞台に繰り広げられる、ゆるっと楽しめて、ちょっとだけ世の中の話題を知ることができるハートフル漫画第13話。過去の話は下記からご覧ください。 3月3日の桃の節句に、お祝いとして飾る「ひな人…

著名人や企業役員も通う靴磨き「千葉スペシャル」が“スペシャル”な理由

「この靴は……そうだねぇ……」とつぶやくと、水拭きで優しくほこりを落としていく。これが名だたる企業の役員や著名人にもファンを持つ靴磨き専門店「千葉スペシャル」創業者・千葉尊さんのスタイル。靴を一瞥して状態を見極めたら、あっという間に靴を輝かせ…

『古典酒場』創刊編集長・倉嶋紀和子さんが思う「通いたくなるお店」

テレビ東京「二軒目どうする?」にも出演されている、雑誌『古典酒場』の創刊編集長・倉嶋紀和子さん。酒と酒場を愛する倉嶋さんは、全国津々浦々の酒場に足を運んでいるそう。倉嶋さんが通いたくなるのは、どんなお店なのでしょうか? また、古典酒場の魅力…

奥渋谷で完全予約制。我儘別注を販売する「自分のためのお店」その真意とは?

コロナ禍でEC販売に注力する企業が増えたファッション業界で、東京・奥渋谷にあるセレクトショップ「WAGAMAMA TOKYO(ワガママ トウキョウ)」は異彩を放っている。取り扱う商品のほとんどが別注アイテムで、セールは一切行わない。さらに、来店は完全予約制…

チャンネル登録者数50万人超え! 人気YouTuberシェフが語る店舗運営術

長野県でイタリアンレストランを営む小林諭史さんは、シェフの他にYouTuberとしての顔を持っています。小林さんが運営するYouTubeチャンネル『Chef Ropia 料理人の世界』は、登録者数50万人(2022年2月時点)を超える人気チャンネルで、2013年から配信を開始…

【商売偉人伝】福神漬けの生みの親?河村瑞賢の逆境をはねのける生き方に学ぶ

日本の歴史をさかのぼると、数多くの豪商が存在しますが、江戸時代の繁栄の礎をつくったといっても過言ではないのが河村瑞賢です。商売人としての成功にとどまらず、現代に置きかえると地域開発事業のプロジェクトリーダーとして功績を上げ、世の中の人が豊…

クーポンの成功事例4選|3つの効果と作成のコツ・アイデアを徹底解説

集客や売上に効果があるクーポンを作るには、内容や発行方法のポイントを理解しておくことが重要です。本記事では成功事例もあわせて紹介するので、参考にクーポンを作ってみましょう。

ヤバいネーミングのパン屋。狙いを聞いたら「考えた人すごいわ」となった

突然ですが、こちらのお店の写真をソーシャルメディアで見かけたことはありませんか? 初見だと頭に10個くらい、はてなマークが浮かびそうな外観ですが、実は高級食パン専門店。2018年のオープンと同時に行列のできる人気店となり、その後、全国各地に店舗を…

おなじみタヌキと銭湯娘⑫/補助金って、あるところにはちゃんとある。

なじみの商店街で昔から愛される銭湯「億万乃湯」。億万乃湯を舞台に繰り広げられる、ゆるっと楽しめて、ちょっとだけ世の中の話題を知ることができるハートフル漫画第12話。過去の話は下記からご覧ください。 魅力ある街づくりを推進することを目的に、小売…

地元民が足繁く通う東京下町・向島の「バナナファクトリー」とは?

東京スカイツリー駅から5分ほど歩くと、ウッド調の外壁にとぼけた表情が印象的なゴリラが描かれた店舗「バナナファクトリー」が見えてきます。名前の通りバナナに特化したスイーツ店で、ショーケースにはバナナチーズケーキやバナナショートケーキなど、「バ…

お客を常連にするスナックの接客術。玉袋筋太郎さんの「通いたくなるお店」

玉袋筋太郎さんは、全日本スナック連盟の会長を務め、「ナイトスナッカーズ」といった番組にも出演、さらに自ら「スナック玉ちゃん」を経営するなどスナック文化を支えています。そんな玉さんの通いたくなるスナックと、自身のスナック運営について意識して…

クセの強さでファンを獲得する愛知「豚骨 大岩亭」――キャラ濃い店主図鑑

個人商店、特に飲食店では、店主の個性がそのまま店の特徴となり、集客につながる場合があります。メディアでも度々登場する愛知県安城市の「豚骨 大岩亭」は、「濃すぎる豚骨ラーメン」と「キャラの濃い店主」で有名なラーメン店です。ラーメンの味と店主の…

飲食店のSNS活用ガイド|4大SNSの特徴と成功のための7つのポイント

飲食店経営者が活用したい4大SNSの特徴と、成功のためにおさえておきたい7つのポイントを紹介します。

渋谷で24年続くバーのマスター・林伸次さんが考える「通いたくなるお店」

ワインバー「bar bossa(バール ボッサ)」は渋谷で24年も続く名店です。マスターの林伸次さんは、Webメディアや書籍で執筆する作家としても知られています。時代とともに変わり続ける東京・渋谷で、どのようにお店を運営してきたのでしょうか。今回は林さん…

ローカルdeチェーン/「JTRRD」行列の秘密はあくなき向上心!

オフィスが林立する大阪・天満橋の一角に、行列の絶えないお店「JTRRD(ジェイティード)」があります。人々の目当ては、まるでアート作品のようなスムージー。 盛り付けが“映える”とSNSを中心に話題となり、現在は関西を中心に8店舗(フランチャイズ店含む…

酒類を提供する飲食店従業員100人に聞いたお客の「NGマナー」とは?

飲食店において、酒はコミュニケーションをスムーズにしてくれる名脇役です。しかし、「酒は飲むとも飲まるるな」ということわざが示すように、暗黙のルールやマナーがあるにもかかわらず、酔いに任せて困った行為を見かけることもあります。 そこで、今回は…

酒場の達人『酒のほそ道』作者・ラズウェル細木さんが「通いたくなる店」

『酒のほそ道』などで知られる漫画家・ラズウェル細木さんは、25年以上にわたって酒と肴、酒場の人々を描き続けています。そんなラズウェル細木さんが通いたくなるお店とは。厨房がきれいなこと、旬の食材と手書きメニューがあることなど、こだわりをたっぷ…

おなじみタヌキと銭湯娘⑪/クリスマスの夜は、みんなでケーキを食べよう。

なじみの商店街で昔から愛される銭湯「億万乃湯」。億万乃湯を舞台に繰り広げられる、ゆるっと楽しめて、ちょっとだけ世の中の話題を知ることができるハートフル漫画第11話。過去の話は下記からご覧ください。 茅野から京子へのプレゼントが、図らずも(?)…

うどんスナック「松ト麦」店主・井上こんさんが考える「通いたくなるお店」

東京・駒沢の「うどんスナック 松ト麦」では、小麦品種を毎週変えて、うどんの食べ比べを楽しめる、うどん好きが集う店です。店主の井上こんさんは年間約500杯を食べ歩く日々を過ごし、うどんライターとしても知られる人物。井上さんは、どのようにしてお店…

個人店舗はポイントカードを活用すべし! 効果を出す運用のコツと成功事例を紹介

ポイントカードの導入を検討しているものの、本当に必要なのか、どんな方法でお客さんに提供すればいいのかなど、分からないことが多くて悩んでいませんか? 本記事では、店舗にポイントカードを導入するメリットやポイントカードによって再来店を促すコツを…

【テンプレートあり】飲食店のお客様アンケートに必要な項目と作成のコツ

飲食店の改善点を知るため、お客さんの声を収集する「お客様アンケート」は有効な方法です。しかし、作り方を間違えてしまうと、改善に生かすための情報を取得することができません。本記事では、お店の改善につながる情報を得るために重要なアンケートのノ…