接客方法 の基本とは?飲食店の接客レベルを向上させるヒント集

お店を成長させるためには、提供するメニューのおいしさを追求するだけではなく、お客さんが心地良くお店で過ごせるための接客を磨いていくことも重要です。

スタッフ(従業員)全員の接客スキルが一定のクオリティーを保てるよう研修をしたり、接客マニュアルをつくったりすることで、お客さんの満足度向上にもつながり、お店のことを気に入ってリピートしてくれるようになります。

飲食店の接客の基本を押さえつつ、リピーター(常連客)を増やすための接客方法を積極的に取り入れていきましょう。

こんな人におすすめ

  • 接客方法の基本となるポイントを知りたい人
  • スタッフ間でどのように接客方法を共有するか悩んでおり、ヒントを得たい人

飲食店の接客で大切なこと

接客は、スタッフの中で1人だけレベルが高い状態ではなく、全員のスキルやクオリティーを一定に保つことが重要です。誰が接客をしてもお客さんに良い印象を与えられるという状態にならなければ、良い店づくりはできないと言えるでしょう。

そのため、経営者にはスタッフ全体の接客のクオリティーを高める管理能力が求められます。自身でも「自店の接客で大切なことは何か」を見極めつつ、スタッフ間でスキルに差が生まれないよう、最低限のことはマニュアル化するなど、全体で接客の質を上げていくことが重要です。

ただし、接客マニュアルにとらわれ過ぎないことも大切です。場合によっては臨機応変に対応する必要もあるため、常にお客さんの気持ちになって「どういう接客をすればいいか」を考えながら行動することを心掛けましょう。

お客さんにとって「また来よう」と思ってもらえるような接客を積み重ねていくことで、お客さんの記憶に残るお店となり、再来店してくれるだけでなく、口コミなどで新しいお客さんを連れてきてくれる可能性も高まります。良い接客とは、お店が長く続くための重要なポイントになるのです。

接客の基本

まずは「接客とは何か」を知り、自店で導入するならどんな接客方法が良いかを考えるところから始めましょう。

以下では、飲食店における接客の基本を学ぶことができる記事をピックアップしています。マニュアル化を検討している人に向けたアイデアも紹介しているので、スタッフへの研修にも役立てましょう。

リピーターを増やす接客

接客の基本を押さえたら、次は「リピーターを増やすための接客」を学びましょう。

お客さんが「このお店に通いたい」と思う理由は、料理のおいしさだけではありません。おなじみ編集部が2021年に実施したアンケート調査では、お店に通うようになった理由で接客要素(店主の人柄や関係性・従業員の接客)を挙げた人は、合計で80%以上(複数回答可)にのぼっています。

お客さんの多くは接客の良さからリピーターになっているため、お店の売上を伸ばし、成長させるためには、接客のクオリティーを上げていくことが必要不可欠です。

事例

接客の評判が良いお店は、お客さんとどのようなコミュニケーションをとっているのでしょうか。

以下では、リピーターの多い飲食店が実際にどのような接客をしているかを深掘りした記事をピックアップしています。すぐに取り入れられるアイデアが詰まっているので、これらを参考にしながらリピーターを生む店づくりを目指していきましょう。

お客さん目線で見た「通いたくなるお店」とは

お店へ訪れるお客さんは、どういうポイントを見て「また行きたい」と考えるのでしょうか。お気に入りのお店がすでにあるというお客さんの話を聞くと、店づくりのヒントが見つかるかもしれません。

以下でピックアップしているのは、お客さんとしてお店へ通っている著名人やブロガーに「通いたくなるお店の条件」を聞いた記事です。「通いたくなる居心地の良さ」は、スタッフの接客も要因の一つであることが分かります。

接客方法に関するその他の記事はこちらから

繁盛する店はどこが違うのか? 飲食店の売り上げを伸ばすポイント

繁盛する店と客足が伸びない店は、何が違うのでしょうか。繁盛するお店がやっている工夫や、成功する店づくりの特徴を紹介します。

飲食店に求められているものとは? あったら嬉しいサービスを分かりやすく解説

飲食店のリピーターを増やすためには、お客さんの満足度が高まる体験を提供する必要があります。お客さんにとって嬉しいサービスをまとめました。

お客さんにお店を知ってもらうには? 意識すべき集客方法を分かりやすく解説

飲食店の売り上げを伸ばすためには、まずお客さんにお店の存在を知ってもらうことが大切です。お店の知名度を効率的に高めるポイントを解説します。

来店のお礼を伝えるには? 文例と作成のポイント【飲食店向け】

飲食店に来店してくれたお客さんに対して、店がどのようにお礼を伝えると「また行きたい」と思ってもらえるのかを、文例とともに解説します。

飲食店のリピーターを増やすには? リピート率を高める5つの方法を紹介

飲食店の経営を安定させるために必要な、常連客の存在。お店のリピート率を高める5つの方法を分かりやすく解説します。

【例文あり】再来店を促す言葉とは? シーン別に分かりやすく解説

お客さんの再来店を促す言葉にはどんなものがある?シーン別の例文や文章を考える際のポイントを、飲食店経営者向けに解説します。

クレーム対応をしたお客さんが再来店! お店がとるべき行動とは?

お店に対してクレームを寄せたお客さんが再来店したとき、お店側はどう対応すればいい?クレーム発生後、お店に良い印象を持ってもらうためのコミュニケーションについて解説します。

大阪「梅田羊肉串」の“働かない店主”に話を聞くと、実はめちゃくちゃ働いていた

大阪・梅田の繁華街の路地を入った、雑居ビルの3階。「梅田羊肉串」という店名にもかかわらず、一時期は羊肉串がメニューから消え、今ではフードメニューも存在せず、ドリンクはセルフサービス、隙あらば店主はゲームに夢中……。そんな店が、なぜか繁盛してい…

飲食店にセルフオーダーを導入する際に知っておきたいこと。選び方や導入費用【専門家監修】

セルフオーダーシステムを導入して業務オペレーションを改善したい飲食店に向けて、セルフオーダー化のメリットやシステムの選び方、費用などを紹介します。

居酒屋にセルフオーダーを導入するメリットは?向いている店の特徴や考慮すべきポイント

居酒屋にセルフオーダーを導入したいと考えている飲食店経営者に向けて、メリットとデメリットを解説。セルフオーダーが向いている店や、導入時のポイントも紹介します。

接客サービスの本質は「お店とお客との闘い」 経営学教授が研究からひも解いたお客さんとお店の理想的な関係

「サービスは闘い」だと主張し、飲食店を中心にサービス科学について研究・分析を行っている京都大学経営管理大学院の山内裕教授に、サービスの本質について聞きました。

今注目の「無人の飲食店」とは? 事例やメリット・デメリットを解説【専門家監修】

店員が不在でも営業できる「無人飲食店」のメリットやデメリットとは? 無人化で話題となっているお店の事例、オペレーション方法もあわせて紹介します。

繁盛するお店は何をしている? 流行る飲食店の特徴とリピーターの獲得方法

流行る飲食店の特徴とは?これから飲食店をオープンしたい人、経営しているお店のリピーターを増やしたい人に向けた情報をまとめています。

テーブル会計で業務効率化! お客さんと従業員の手間を減らす方法とは

お店側もお客さん側もスムーズに決済できるテーブル会計のメリットを紹介。店内のオペレーション効率化も図れます。

飲食店経営はオペレーションが大切! マニュアル導入のメリットとは?

飲食店の売上を伸ばしていくためには、適切な店内オペレーションが欠かせません。オペレーションの重要性、オペレーション改善に役立つマニュアル活用を紹介します。

創業31年のイタリアンチェーンが、リブランディグに取り組む理由とは?

飲食店を繁盛へと導く経営者は、何を考え、どのような取り組みをしているのか。そんな経営戦略の裏側を聞くリレーインタビュー企画。今回の経営者は、株式会社カオカオカオの新井勇佑さんからご紹介いただいた、株式会社イタリアンイノベーションクッチーナ…

路地裏から出発し、瞬く間に人気店へ。「タイ屋台999」を急成長させた経営の秘密

飲食店を繁盛へと導く経営者は、何を考え、どんな取り組みをしているのか。そんな経営戦略の裏側を聞くリレーインタビュー企画。第1回目は「タイ屋台999(カオカオカオ)」を経営する、株式会社カオカオカオの新井勇佑さんです。 新井さんはこれまで、さまざ…

「繊細さん」と社会をつなげるカフェが提案する、スタッフとの付き合い方

HSP(Highly Sensitive Person)とは、感受性が強く、外部環境からの刺激に非常に敏感な気質を持った人を指し、日本では「繊細さん」とも呼ばれています。現在、5人に1人はこの気質を有していると言われ、人によっては社会生活に生きづらさを感じる人もいま…

飲食店経営に欠かせない「QSC」とは? 取り組みの具体例やチェックシートの項目を解説

QSC(Quality / Service / Cleanliness)とは、飲食店経営に欠かせない指標の一つ。お客さんの満足度、ひいては売上につながる指標なので、高く保たねばなりません。QSCの基本ともとに、チェックシートなど、QSCを向上させるための具体的なノウハウも紹介し…

大学卒業後にスナックの道へ――新規のお客も常連も引きつける「スナック水中」

スナックのママに常連の心をつかむ接客の極意を学ぶ第4弾。今回訪ねたのは、立川駅から川崎方面に3駅の谷保に店を構える「スナック 水中」です。千里ママは学生時代にアルバイトをしていた「スナックせつこ」のせつこママの引退を機に、店を受け継いで開業し…

接客が上手い人の特徴とは? 飲食店の接客レベルを高める対策と心構えを解説

飲食店での接客が難しいと感じている人は、上手い人の特徴を知ることから始めてみましょう。接客コンサルタント・仲亀彩さんに、飲食店の接客のコツを教えてもらいました。

飲食店の値上げ問題。客離れの起きる店、起きない店は何が違うのか

原材料費や人件費の高騰などにより、値上げを検討する飲食店が増えています。値上げについて告知するタイミングや方法、理想的な値上げ率などについて、飲食店の経営コンサルを行ってきた野尻猛さんが解説します。

飲食店のワンオペ営業のコツ。従業員が限界を感じないための工夫も解説

効率的な飲食店運営のためにワンオペ(ワンオペレーション)営業を検討している経営者向けに、メリットやデメリット、ワンオペ営業で注意すべきポイントなどを紹介します。

飲食店のクレーム対応は初動で決まる! 12パターンの対応事例を紹介

飲食店の運営でよくあるクレームを12パターン取り上げ、それぞれの対応方法を詳しく解説します。

飲食店の売上アップに生かせるアイデア12選【店主が実体験を伝授】

経営している飲食店の売上を伸ばしたり、成長させたいと思っている飲食店経営者に向けて、売上アップのアイデアをご紹介。実際に効果のある方法を、多くの飲食店を経営し飲食業コンサルも手掛ける株式会社プランズの深見浩一さんに伺いました。

飲食店の売上に直結する「回転率」を上げる方法

飲食店経営で重要な「回転率」。回転率を上げる具体的な方法や、回転率に関連する集客対策を紹介します。

飲食店で効果がある集客方法とは? 知っておきたい19の手法と成功事例

飲食店で効果がある集客方法を、計19の方法に絞って紹介。成功事例もまとめました。

約1万軒を食べ歩いたカレーライター・はぴいさんの「通いたくなるお店」

約1万軒を食べ歩いたカレーライター・はぴいさんが、「通いたくなるカレー店」の条件をつづります。幡ヶ谷「スパイス」、平塚「ニューローズ」、検見川「シタール」、小岩「サンサール」はいずれも、居心地の良い空気とそこにしかない味が存在するお店だそう…

一見アナログなおもてなしの裏に合理的な顧客管理術あり!?東京・新橋の路地裏スナック

スナックのママに常連の心をつかむ接客の極意を学ぶ第3弾。今回訪ねたのは、飲み屋が連なる新橋の路地裏にある「スナック 栗奴(くりやっこ)」です。栗奴ママが見せる柔和な笑顔と穏やかな口調は、アルファ波のような癒やし効果抜群です。 今回もナビゲート…

飲食店の接客の基本&マニュアル。好印象のポイントは?

「接客」はお客さんに好印象を持ってもらう重要なポイントです。接客のマナーや基本のあいさつを紹介します。スタッフ内で共有するマニュアルとしても活用できます。

話題の“会話なし”サロンに行ってみたら、深すぎる話が聞けた

2022年2月上旬のこと。こんなツイートが話題になりました。 会話が苦手な友人の美容室。苦手を武器にする天才かよ。 pic.twitter.com/i3d1JJ5ZS4 — いとう|美容室経営 (@hironcare) 2022年2月8日 美容室のカットメニューのオプションとして選べる……「会話な…

【例文あり】再来店に効果がある「DM」の送り方 | ポイントは配信方法とクーポン

飲食店に足を運んでもらうきっかけとなるDMには、チラシやハガキ、メール、SNSやLINE公式アカウントなど、さまざまな配信方法があります。効果を得るための配信内容や配信方法、効果的なクーポンの付け方などについて、実際の成功事例を交えて紹介します。

最近「常連客が来なくなったな」と感じたら。3つの改善策と良い関係性のつくり方

飲食店にとって重要な「常連客」ですが、さまざまな理由でお店に来なくなってしまうこともあります。定期的に足を運んでくれていた常連客が来店しなくなる理由と、お店に再来店してもらうためにできることを紹介。また、常連客が離れていくのを防ぐため、お…

飲食店の業務を効率化させる「DX」とは|DXできる業務や成功事例を紹介

飲食店の業務をDX化すると、業務の効率化や売上アップにつながります。DX化できる業務、成功事例を紹介します。

飲食店のリピーターを増やすには「接客」が鍵|改善のためのテクニック5つ

接客は、リピーターを増やすための重要な要素の一つです。本記事では、常連客を定着させるため、接客で役立つ5つのテクニックを紹介します。また、リピーター獲得のためには、お客さんにお店のことを頻繁に思い出してもらう必要があります。メルマガやDM、LI…

著名人や企業役員も通う靴磨き「千葉スペシャル」が“スペシャル”な理由

「この靴は……そうだねぇ……」とつぶやくと、水拭きで優しくほこりを落としていく。これが名だたる企業の役員や著名人にもファンを持つ靴磨き専門店「千葉スペシャル」創業者・千葉尊さんのスタイル。靴を一瞥して状態を見極めたら、あっという間に靴を輝かせ…

奥渋谷で完全予約制。我儘別注を販売する「自分のためのお店」その真意とは?

コロナ禍でEC販売に注力する企業が増えたファッション業界で、東京・奥渋谷にあるセレクトショップ「WAGAMAMA TOKYO(ワガママ トウキョウ)」は異彩を放っている。取り扱う商品のほとんどが別注アイテムで、セールは一切行わない。さらに、来店は完全予約制…

お客を常連にするスナックの接客術。玉袋筋太郎さんの「通いたくなるお店」

玉袋筋太郎さんは、全日本スナック連盟の会長を務め、「ナイトスナッカーズ」といった番組にも出演、さらに自ら「スナック玉ちゃん」を経営するなどスナック文化を支えています。そんな玉さんの通いたくなるスナックと、自身のスナック運営について意識して…

クセの強さでファンを獲得する愛知「豚骨 大岩亭」――キャラ濃い店主図鑑

個人商店、特に飲食店では、店主の個性がそのまま店の特徴となり、集客につながる場合があります。メディアでも度々登場する愛知県安城市の「豚骨 大岩亭」は、「濃すぎる豚骨ラーメン」と「キャラの濃い店主」で有名なラーメン店です。ラーメンの味と店主の…

常識はずれが宿泊客を笑顔に!? リピート率80%超を実現する女将の接客術

一般的には10~40%とされる宿泊業のリピート率。そんな中、リピート率80%超という数字を長年維持し続けている旅館がある。石川県山代温泉の「宝生亭」だ。お客の「また行きたい!」を呼び起こすため、宝生亭が仕掛けている取り組みとは——。宝生亭の女将・…

スナック界の名物ママが明かす、常連客も巻き込む「自然体」の 接客術

スナックのママに常連の心をつかむ接客の極意を学ぶ第2弾。今回訪ねたのは、かつて花街として栄えた東京都文京区湯島天神下で40年近く営業する老舗スナック『もしも…』の仁子ママと、その右腕・25年のベテラン、雅子さんです。折しもコロナ禍による飲食店の…

男性の爪先ケアは今や常識? 男性ネイル業界の真相に迫る!

「男性のネイルと女性のネイルは似て非なるもの。例えるなら、鍼灸と整体くらい違います。それを理解している人は、ネイル経験のない男性はもちろん、女性ネイリストですら少ないのが現状です」 そう話すのは、「オトコネイル」の代表、坂下隆子さん。坂下さ…

お説教も効果あり!? スナックのママに聞いた接客術の極意は好きになること

常連に愛されるお店の代表格といえば、スナック。宴会の2次会に、上司に連れられて、仕事帰りにフラッと……など、きっかけはさまざまですが、日本全国どこの繁華街にもあるスナックが今、若い世代から人気を集めているといいます。 全国500軒のスナックを巡り…

探偵は究極の接客業⁉︎ 現役スタッフが鉄板トークで楽しませる「探偵カフェ」

JR池袋駅北口から徒歩約3分。繁華街の一角にたたずむ雑居ビルの9階に全国的に名を知られた、個性的な飲食店があります。総合探偵社プログレスがプロデュースする「探偵カフェ・プログレス」です。 実際に調査活動に従事する現役の探偵がカウンターに立つ「探…

【行動科学×習慣】ストレス回避は自分次第!? 「自動思考の暴走抑止」がカギ

精神論ではなく、行動に焦点を当てて実践する行動科学を店舗運営や接客に活用する方法について、行動科学コンサルタントの冨山真由さんにご指南いただく連載企画。今回は、接客業において切り離せない対人ストレスに注目。日々、笑顔で接客するための「スト…

理容室がカットだけで売上をつくる時代は終わる。ビアバー×サブスク理容室

統計によると、全国の理容室の数は117,266軒(2019年)※1で、全国のコンビニの店舗数55,620(2019年12月)※2をはるかに上回る。競争の激しい理容業界の中で「クラフトビールが飲めるビアバーの併設」「サブスクリプション制度の導入」など、続々と新規軸を打…

揺るぎない母国・シリアの味で邁進。広尾『アラビアレストラン ゼノビア』

洋の東西を問わず、幅広い国々の料理が味わえる都市・東京。中でも、おそらくここでしか出合えないシリア料理を提供する店が、国際色豊かな街・広尾の『アラビアレストラン ゼノビア』です。 歴史の教科書では目にしたことがあっても、多くの日本人にとって…

「店舗をメディアに」顧客体験向上を実現する次世代の八百屋さん

大型商業施設やスーパーマーケットの普及で姿を消しつつある街の八百屋さん。斜陽産業といわれる業界であえて八百屋ブランドを立ち上げ、東京都内で多店舗展開しているのが「旬八青果店」です。 東急池上線大崎広小路駅にほど近く、JR五反田駅からも徒歩約5…

取材NGに納得の理由!洋食店が積み上げた常連との日常/東京・浅草橋「一新亭」

創業116年を超える東京・浅草橋の老舗洋食店「一新亭」。その深い歴史と確かな味からも、取材申し込みが絶えないという人気店ですが、基本的に依頼はすべて断っているそう。それでも、直接交渉の末に話を聞いたところ、その背景には3代目・秋山武雄さんと奥…

【行動科学×習慣】 人の印象はたった3秒のコミュニケーションで決まる!

精神論ではなく、行動に焦点を当てて実践する行動科学を店舗運営や接客に活用する方法について、行動科学コンサルタントの冨山真由さんにご指南いただく連載企画。今回は、購買や来店につながる、お店とお客との適切な「コミュニケーション」について話を聞…