飲食店

シラフでも高揚感が味わえる! 新感覚ノンアルバーの魅力とは?

「若者のアルコール離れ」が進む近年、飲めるけど、あえて飲まないことを選択するライフスタイル「ソーバーキュリアス(Sober Curious)」が欧米発のムーブメントとして注目され、お酒が飲める人も飲めない人も価値観が変わり始めています。 そんな時代背景…

集客効果を高める店舗づくりを風水的にチェック!都内そば店の改善ポイント

お店の商売繁盛のため、風水・運勢プランニングを行う株式会社エガオールの土本晶子さんが、店舗を風水的な観点からチェックする本企画。今回は東京の曙橋駅から徒歩約1分の「蕎麦食堂 梵(ぼん)」を訪ねました。2019年8月にオープンした同店のオーナー・…

【例文あり】再来店に効果がある「DM」の送り方 | ポイントは配信方法とクーポン

飲食店に足を運んでもらうきっかけとなるDMには、チラシやハガキ、メール、SNSやLINE公式アカウントなど、さまざまな配信方法があります。効果を得るための配信内容や配信方法、効果的なクーポンの付け方などについて、実際の成功事例を交えて紹介します。

最近「常連客が来なくなったな」と感じたら。3つの改善策と良い関係性のつくり方

飲食店にとって重要な「常連客」ですが、さまざまな理由でお店に来なくなってしまうこともあります。定期的に足を運んでくれていた常連客が来店しなくなる理由と、お店に再来店してもらうためにできることを紹介。また、常連客が離れていくのを防ぐため、お…

売上1,000億円目前でなぜ!? 『かつや』元社長・臼井健一郎さんがゼロから出発する理由

臼井健一郎さんはとんかつ・カツ丼専門店「かつや」をはじめ、複数の外食チェーンブランドを展開するアークランドサービスホールディングス株式会社の社長として、グループ売上1,000億円を見据えるまでに成長させながら、2021年に同社からの退任・独立を決断…

飲食店の業務を効率化させる「DX」とは|DXできる業務や成功事例を紹介

デジタルツールを導入することで業務改革を進め、利益を最大化させることができるといわれている「DX(デジタルトランスフォーメーション)」。飲食店に導入した場合、リピーター獲得や売上拡大、事業成長が期待できます。DXを取り入れるメリットやDXできる…

飲食店のリピーターを増やすには「接客」が鍵|改善のためのテクニック5つ

接客は、リピーターを増やすための重要な要素の一つです。本記事では、常連客を定着させるため、接客で役立つ5つのテクニックを紹介します。また、リピーター獲得のためには、お客さんにお店のことを頻繁に思い出してもらう必要があります。メルマガやDM、LI…

動物界の高麗人参⁉︎ 日本初の“鳩肉専門店”が鳩肉普及を目指すワケ

鳩肉といえばフランス料理の食材として知られていますが、高級なイメージがあり、とくに日本ではなじみのある食材とはいえません。 そんな稀有な食材である「鳩肉」のおいしさや歴史・文化に触れ、新たな日本の食文化の一つとして広めようと奮闘しているのが…

【人気店の例あり】飲食店にコンセプトが必要な理由とつくり方3ステップ

飲食店経営の基礎といえるコンセプト。お店の強みや特徴を生かせるコンセプトは、どのように決めれば良いのでしょうか。ここでは、飲食店経営におけるコンセプトのつくり方と決め方を、3つのステップで解説します。自店のコンセプトを設定するときにダウンロ…

飲食店がリピーターを増やす方法5選|お客さんが来なくなる理由とは?

飲食店の売上を安定させるためにリピーターの存在は欠かせませんが、リピート率に課題を感じている飲食店経営者の方も多いのではないでしょうか。ここでは飲食店のリピーターを増やすために重要なポイントと、再来店を増やす方法についてご紹介します。

リリーフの切り札からうどん職人へ。元巨人軍・條辺剛さんのセカンドライフ

華やかなスポーツの世界で活躍していた選手が引退後、第二の人生の舞台に飲食店を選択することは少なくない。どういった経緯で飲食店の世界に飛び込んだのか、そこに見える人生観に切り込んでいく「セカンドライフ」。 第1回目は、元読売ジャイアンツの剛腕…

クーポンの成功事例4選|3つの効果と作成のコツ・アイデアを徹底解説

集客や売上に効果があるクーポンを作るには、内容や発行方法のポイントを理解しておくことが重要です。本記事では成功事例もあわせて紹介するので、参考にクーポンを作ってみましょう。

クセの強さでファンを獲得する愛知「豚骨 大岩亭」――キャラ濃い店主図鑑

個人商店、特に飲食店では、店主の個性がそのまま店の特徴となり、集客につながる場合があります。メディアでも度々登場する愛知県安城市の「豚骨 大岩亭」は、「濃すぎる豚骨ラーメン」と「キャラの濃い店主」で有名なラーメン店です。ラーメンの味と店主の…

飲食店のSNS活用ガイド|4大SNSの特徴と成功のための7つのポイント

SNSは、飲食店の認知度の拡大やお客さんとのコミュニケーションツールとして活用できます。成果を最大化するためには、自店舗の特徴を踏まえて相性の良いSNSを選び、コツをおさえて運用することが重要です。SNSの活用で得られる5つの効果を紹介します。

渋谷で24年続くバーのマスター・林伸次さんが考える「通いたくなるお店」

ワインバー「bar bossa(バール ボッサ)」は渋谷で24年も続く名店です。マスターの林伸次さんは、Webメディアや書籍で執筆する作家としても知られています。時代とともに変わり続ける東京・渋谷で、どのようにお店を運営してきたのでしょうか。今回は林さん…

酒類を提供する飲食店従業員100人に聞いたお客の「NGマナー」とは?

飲食店において、酒はコミュニケーションをスムーズにしてくれる名脇役です。しかし、「酒は飲むとも飲まるるな」ということわざが示すように、暗黙のルールやマナーがあるにもかかわらず、酔いに任せて困った行為を見かけることもあります。 そこで、今回は…

個人店舗はポイントカードを活用すべし! 効果を出す運用のコツと成功事例を紹介

ポイントカードの導入を検討しているものの、本当に必要なのか、どんな方法でお客さんに提供すればいいのかなど、分からないことが多くて悩んでいませんか? 本記事では、店舗にポイントカードを導入するメリットやポイントカードによって再来店を促すコツを…

【テンプレートあり】飲食店のお客様アンケートに必要な項目と作成のコツ

飲食店の改善点を知るため、お客さんの声を収集する「お客様アンケート」は有効な方法です。しかし、作り方を間違えてしまうと、改善に生かすための情報を取得することができません。本記事では、お店の改善につながる情報を得るために重要なアンケートのノ…

1品勝負。リピート客が絶えない渋谷「副大統領」の仕掛け人に聞く

席数わずか6席。メニューは一般的に認知度が高くない「ポークビンダルー」の一品勝負。奥渋谷エリアの雑居ビルの2階でひっそりと営業しながらも、ミシュランガイド東京2022のビブグルマンに選出された店舗が「ポークビンダルー食べる副大統領」です。 独特な…

最初の1杯は“ファーストキス”。広島のビール専門店に大行列ができる理由

営業時間は17時~19時までの2時間、注文はビール2杯まででおつまみはなし。酒屋の一角に設けられた狭小空間は10人ちょっとで満員です。これほど極端な営業形態にもかかわらず、週末ともなれば開店前から行列が続く人気店が広島にあります。 2012(平成24)年…

【2022年】飲食店の集客ガイド|すぐ実践できる課題別施策と成功事例

「飲食店の売上を増やしたい。集客したい」と考えたら、まずはお客さんが来店するまでの流れを理解し、自店舗の課題を知ることが重要です。飲食店の状況によって、必要な集客方法は異なります。本記事では人気店になるために必要な考え方と、すぐに実践でき…

揺るぎない母国・シリアの味で邁進。広尾『アラビアレストラン ゼノビア』

洋の東西を問わず、幅広い国々の料理が味わえる都市・東京。中でも、おそらくここでしか出合えないシリア料理を提供する店が、国際色豊かな街・広尾の『アラビアレストラン ゼノビア』です。 歴史の教科書では目にしたことがあっても、多くの日本人にとって…

取材NGに納得の理由!洋食店が積み上げた常連との日常/東京・浅草橋「一新亭」

創業116年を超える東京・浅草橋の老舗洋食店「一新亭」。その深い歴史と確かな味からも、取材申し込みが絶えないという人気店ですが、基本的に依頼はすべて断っているそう。それでも、直接交渉の末に話を聞いたところ、その背景には3代目・秋山武雄さんと奥…

ローカルdeチェーン/関西発「とんかつKYK」の愛され極意はKYK⁉︎

ロースか、ヘレ(関西における『ヒレ』の言い方)か――。肉厚でジューシーなとんかつを作り続けて半世紀。関西で熱烈に支持されるローカルとんかつチェーン「とんかつKYK」。全国の飲食チェーン店を巡ることがライフワークのBUBBLE-Bが、勤続20年以上のベテラ…

おなじみタヌキと銭湯娘①/町中華って、なんかいい。

「なじみの商店街」で昔から愛される銭湯「億万乃湯」。億万乃湯を舞台に繰り広げられる、ゆるっと楽しめて、ちょっとだけ世の中の話題を知ることができるハートフル漫画。 登場人物 町中華でも、5代目がお店を受け継いで新しいメニューを楽しめるようになっ…

「おいしい」だけだとNG? アンケートで判明!常連になりたいお店の条件

飲食店にとっては、定期的に足を運んでくれる常連さんは嬉しい存在ですが、お客さんからすれば「行きつけ」にしたいお店の基準も人それぞれ。店内がこぎれいで気さくな店員がいるお店が好きな方もいれば、ガンコ親父が無愛想に中華鍋を振るう(しかし料理は…